大学病院で救命科看護師をしていましたが退職し精神科病院に初入院。その後、転職し働いていましたが閉鎖病棟(精神科救急)保護室&スーパー救急モニター個室に入院、慢性期総合内科への異動を経験し、救命の現場に戻ってきました。この大切な日々をもう私から手放したりはしない…!

瀉血/OD(卒業)/リスカアムカレグカ(卒業)/ときどき摂食風味
信頼する主治医さんの専門は薬物依存(主に違法薬物)と司法精神医療。一時ダニエル(女医)が主治医でした→転院しました。現在の主治医はハルちゃん♪
その自然な笑いが嬉しかった

副主任さんが日勤で出勤と事前に聞いていましたので、勤務変更をしてまで会いに行きました♡会いたかったから、ね♡♡♡

午前中は緊急蘇生の講習に行っているらしくて不在で、午後にまた行きました。

午前の時に対応してくれた看護師さんは今年2年目になったナースマン、私のことを思い出してくれました。話の途中でおっ?!と表情が変わってね。

午後は偶然会った女の看護師さん。名前を聞かれて、副主任さんに会いに来た○○ですって言ったら、『あぁっ!○○さん〜 んふふー(*´艸`*)』って笑ってもらえてね。それからもふふふー( *´艸`)笑っているのが面会室に入ってからも聞こえていましたよん☆

 

ここの看護師さんはみんな関わってくれたからね♡

看護師さん全員の名前も覚えたし、みんな何かしら関わってくれて。

でも、看護師さんって常にたくさんの患者さんをずっとみているから申し訳ないけれど、全員を覚えていられるわけじゃなくてね。それをわかっているからこそ、おおよそ1年前のたった1度だけの3週間ぽっきりの短期入院の私を覚えていてくれてとても嬉しいのです♪

これからもちょくちょく病棟に通いますよ。退院してから半年以上なしのつぶてだった私だけれど、また行くからみんな覚えていてね♡

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

18:16 入院生活 comments(0)
ノンフィクション

ノンフィクションを聞くと、ダニエルの病院で護られていたあの時のことを思い出す。

入院中だって私は恐怖でほとんどホールに出られなくて、ようやくホールに出られるようになったのは後半1週間くらい。それでも出られたのは19時くらいから21時までの2時間ほどだった。護られていたから、ホールに出られたのです。護られていると思えるようになったから。副主任さんや他の看護師さんが根気よく関わってくれたから♡

いまだに、夜にホールでテレビを見ていたあの時は人生のどの瞬間より護られていた安心感があります。そりゃあね、保護室も護られているけどさ💦

保護室で縛られていると出たくなる。でも、自己責任で…と言われると途端に病室から出られなくなるのです。

その護られている感があって、ホールにも出て普通に生活できるようになったから、だから私は2度目の退院延長をしないで出てくることを決めたのです。

 

そこではニュースを見てたりしたのだけれど(専ら相撲の事件(この前の入院は浅田真央選手の引退会見しかテレビが見れなくて、とことん私はスポーツニュースしか見れないのだと絶望したよ笑)と天皇の譲位の件)、それ以外に印象に残っているのはバス旅(岐阜城〜鳥取砂丘)とFNS歌謡祭・北里大学病院の密着・ためしてガッテン(Afと脳梗塞)。

 

入院と歌は私の中で少なからず結びついています。

開放は『空と君のあいだに』、保護室は何も聞けなかった、ダニエルの病院は『愛をこめて花束を』『ノンフィクション』『不協和音』と『僕が死のうと思ったのは』、そしてENT後だけど『知らないんでしょ』もダニエルの病院を連想するかな。

 

護られたくなった時は、護られたあの日々を懐かしく思う時はこの曲を聞くのです。

心にはいつでも副主任さんがいてくれます、だから大丈夫。だらだらと生きていけばいいのよ。悩んで考えなさい、迷いなさい。

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

22:06 入院生活 comments(0)
医療保護で精神科救急の保護室へ

8/17医療保護入院でした。 精神科救急病棟保護室8

そのまえに700ml瀉血+ソラナックス10T…と思っていたけど、30Tでした。

はっきり言って記憶なし。よくもまぁこの状態で受診に行ったわ…という感じです。

 

8/18日勤でプライマリーHさん&元プライマリーIさん♡

元プライマリーIさんに会えたのは良かった◎そしてIさんも覚えてる?って覚えて言ってくれて嬉しかったです☆

Hさんは前回入院で一緒にコンビニに行った思い出の人でしたので、プライマリーになってくれたことに安心しました、よ◎

午前中までは不穏でした。多分脱抑制。扉や窓を蹴るわ殴るわ…笑 殴ったって蹴ったって開かないし、開いたところで出ていく勇気なんてないし、なーんてわかってはいたのだけれど、ね。

午後からは出れないことに納得し、静かに過ごしておりました。まぁまだお眠なので基本寝ていましたが。

ソラナックスくんはデパスくんと違って長いので眠い眠い(˘ω˘)💤

 

8/19深夜でプライマリーHさん。あれ、早出なの?と聞いてしまいました。3交替って忘れていたよ><

お薬飲まないでごめんね。フェロミア飲むのが苦痛でした。日勤は副師長さんと3年目さん!

Nさんとも密に絡んだ1日。Nさんは前回入院での記憶がないのだけれど、『上腕の傷、また立派なのが4つくらい増えてるね〜』と。よく見ている!(覚えている!)と言ったら『精神舐めんな笑』と。舐めてなんていません、尊敬しています。身体もだけど、精神って辛い時は本当に辛い。だから、看護の基礎って精神にあると思うのよ。私は出来ないけれど…

 

8/20 ENT深夜で副師長さん。眠気覚ましの会話〜と頻回に来てくれて嬉しかったよ◎

退院本当にしたいのか?助けてほしくて来たんだろ?と言われましてね。退院はわからないけど、仕事には戻りたいと言いました。なるほど〜と。

Nさんにも前日に言われたけど、ambivalentだなぁと言われました。両価性。でも、ただただ入院して守ってもらいたかったあの頃よりはambivalentな感じになっただけ成長ではないかな。

でも、ぐっちゃぐちゃで退院。申し訳ないです…後日主治医さんには脱抑制は残るから脱抑制で怒りっぽくなっていたんじゃないかって言われました。それでも病棟Ns.さんにはご迷惑をおかけしてしまって…

そのまま内科入院をしたのですが、8/21に不安で不安でODしそうな危うさがありまして、主治医さんに連絡したのだけれど、ここで抜けたのではと思うのできっと脱抑制だったのだと思います…

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

20:48 入院生活 comments(0)
ずっと活きる言葉

主治医さんの下に転院してしまっていますので、もう彼に会うことはないのかもしれません。

これから綴るのは、ダニエルの病院の救急病棟の副主任さんのお言葉です。

あの時どれほど彼に私は助けられたのか…そう思っていたけれど、助けられたのはあの時だけじゃなくて、今もでした。言霊として、私の中に永遠と活きていくのでしょう

 

ゆっくりお悩みなはれ。悩みなさい〜考えなさい〜とそれが彼の口癖でした。焦らなくて良いのです。悩めばいいのです。

 

そしてもう1つ。

 

それ(私の言動)で相手がゆれるなら、まだ安定していなかった、ということ。もし私の発言で他Pt.が崩れても、その責任を私にはしない、と言ってくれたのです。入院中の他患と話せないPTSD疑いの私にかけてくれた言葉でした。

そしてこう続きます。

貴女の言葉で揺れるくらいなら、もともとそんな程度のメンタルしかなかったってことで主治医の責任だよ、と。

 

言わないと苦しいままだよ、入院してどれくらいになる?その1wで苦しさ変わった?

副主任さんに初めて関わってもらった時に言われたこの言葉はホントにその通り。

 

その言葉たちを私はいつの間にやら忘れて生きてしまって苦しくなってしまっていたようです。

思い出して、生きていこう。

この内科入院が終わったら、一度恐れずに会いに行こうと思うのです。その強さを私に下さい神様…

 

『こうして関わったんだからもう最後までしっかり関わる』と、そういってくれた副主任さん。転院した今も私の心の中にいて、私を支え続けてくれています。

 

あの日、声を掛けてくれてありがとう。

あの日受け持ちじゃなかったのに受け持ちに振らないで付き合ってくれてありがとう。

根気よく関わってくれてありがとう。

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

17:26 入院生活 comments(0)
医療保護

もうずっとずっと調子が悪くて、金曜日に決行する気がして仕方がなかった私。

結局記憶はないけどしでかして、初の医療保護。入院は前回入院と同じく精神科救急の保護室です。

 

昇華し切れない感情が渦巻いているので、とりあえずこのくらい。

生きています。精神科は退院しました、でも、入院しています

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

08:26 入院生活 comments(0)
1/17PAGES >>