大学病院で救命科看護師をしていましたが退職し精神科病院に初入院。その後、転職し働いていましたが閉鎖病棟(精神科救急)保護室&スーパー救急モニター個室に入院、慢性期総合内科への異動を経験し、救命の現場に戻ってきました。この大切な日々をもう私から手放したりはしない…!

瀉血/OD(卒業)/リスカアムカレグカ(卒業)/ときどき摂食風味
信頼する主治医さんの専門は薬物依存(主に違法薬物)と司法精神医療。一時ダニエル(女医)が主治医でした→転院しました。現在の主治医はハルちゃん♪
誰のための精神医療…?

私は私がプシコだから精神医療に求めるものが多くなってしまうのかな、患者目線になってしまうのかな。

私の受け持ちが精神科にコンサルテーションかかりましてお話ししたんですけれど…すごいね、モヤモヤしてしまって。

 

これから書くのは過去のお話から考えたこと。私とこの精神科医が現職場に来る前にともに関わっていた出来事…

私は退院後のことだから知らなくて、知ったのは今日なのですが

 

周りが本人のためを思って本人の人生を決めていた。ともすればそこに本人の意思なんてなくて、まわりがただただ事を進めていた。本人は間違いなく当時者という渦の中に取り残されていた。言うなれば、台風の目の中に落とされた感じ。

退院後、施設の利用には精神障害であることが必要だという理由から、診断書をもらって行った。その人は“精神障害者”となった。

本人は、精神障害者になってまで退職して施設に行きたかったのだろうか?退職、障害者となること…受け入れられていたのだろうか。この道を選択するにしても、もっと時間が必要だったのではないだろうか。家族や医療者が本人のためを思ってと押しつけ事を進めていたら、相談できる人が誰もいない… 退院後数ヶ月で今度は線路に飛び込み、亡くなった。

その結果を見て『やはり彼は精神障害者だった』と言うことは簡単。でも本当にそうだろうか?その人を死に追いやったのは、その人の中に在る精神症状ではなく、その後の家族や医療や社会のスティグマ、それに伴う自己劣等感ではなかろうか。受け入れられない“精神障害”を周りが与えたからじゃないだろうか。他でもなく医療がその人を殺したのではなかろうか?本来その人を救うはずの立場に立つべき医療が。

 

そしてそれを教訓に医師は安全牌を取る。 自殺未遂の患者に対してのコンサルテーションでは『入院継続はリスクが高い、身体症状が落ち着き次第(かかりつけ精神医療機関で対応可能なレベル)、早急に退院しその日のうちにかかりつけ病院の受診を指示すべき、入院医療の必要性についてはかかりつけが再評価するだろう 主治医がいなくても代行医に任せればよい、早急に当院退院へ…』この方針を取っていると話されたの。

それってどうなのだろう、確かにうちは精神科の入院設備を持っていない。でも、あからさまなリスク回避だ。患者を診ることより保身に走っていると私はそう嫌悪したの。“死なせない”ためだけを考え、患者を混乱に陥れはしないだろうか。 病院は安全かもしれない、リスクヘッジとしてはそれが正解かもしれない、かかりつけが責任を持つのは当たり前かもしれない。社会的に攻める人は誰もいないだろう。でも、それってどうなんだろう

 

医療は患者にとって影響が大きくて、人生を簡単に左右してしまうこと、やっぱり忘れないでいたい。 診断名が付くことの、ついてしまうことの恐ろしさ。私は幸いなことに診断名を伝えないでほしいと主治医に言って理解してもらえているけれど。

でもね、退職した某病院ではそんなことを知らないから、主治医の書いた診断書の診断名を私に伝えてきたの。それは主治医と私で相談したもので、何と書かれているのかわかってはいたし、診断基準を満たしているとかそんなことは関係なく書くと主治医とお話ししていたから良かったけど、でもそれでも言われて衝撃を受けたもの。

 

医療者として患者に寄り添う時、告知される時の患者や家族に寄り添いたい、ゆらぎを見逃さずに支えたい。

そして、看護師としてせめて、本人の気持ちに寄り添っていきたいとそう思ったよ

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

19:43 転職活動 comments(0)
頓服

現在の内定先に、内定を蹴る可能性があることを伝えました。

今日のところは正直採用は難しそうなので、本当はそんなこと伝えたくなかったけれど仕方ありませんね。

これで採用内定取り消しになったらどうしよう……それはそのときですね。内定出していただいていて、内定を蹴る可能性があるなら内定を取り消すと言われたら仕方ないです。そこまで懇願してまで行きたいとはきっと思えなかった。だから、わざわざ今日のところも自分で受けたのだと思います。どっちも落ちたら最悪ですけれど、それもまた人生です、よ、ね…

 

不穏になってから頓服を飲む余裕は私にはありません。

だから、頓服なんていつも飲めなくて、不穏時にODになってしまうのです。屯用としては不眠時のみ飲める…というか飲んでいました。

今回は不穏だぁってなる前に、不穏になるかもって思った今、頓服を飲んでみました。

処方の日付を見たらやっぱりこの前処方してもらっていたようです。助かります。

 

もしかしたら、リスペリドン飲まなくても不穏にならないかもしれないけど、飲んでみよう作戦、どう出るかな。

リスペリドン、太りたくないなぁ。ヒスタミン作用がどこまで出るか、ですね。ジプレキサよりはましと信じて。

だって副作用を恐れて薬を飲まなければ、悪化していく一方なのですから。

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

15:33 転職活動 comments(0)
酸っぱい葡萄

貴女には、「どうせこれは○○だから…」と何か諦めた経験はありませんか??

イソップ物語の1つに、酸っぱい葡萄というものがあります。

手に入れたくてたまらないのに、努力しても手に入れられないと悟った時、そのモノを価値がない・自分にふさわしくないとして諦めることで心の平安を得るというものです。フロイトでいう防衛機制・合理化ですね。

ストーリーとしては、キツネが美味しそうなブドウを見つけて食べようとしてジャンプしても、ぶどうは全部高い所にあって届かない。キツネは怒りと悔しさで、「どうせこんなぶどうは、すっぱくてまずいだろう。誰が食べてやるものか。」と捨て台詞を残して立ち去る…というものです。

調べてみたら、Sour Grapesは負け惜しみを意味するそうですネ。

 

さて。どうしてここまで転職活動で迷っているのか。それはまさしくこのブドウのお話の通りです。

本当に行きたいのは、内定が出ている方ではないのです。だから、なんだかんだと迷いました。でも、このキツネさんのようにするのはある意味簡単です。今までだって母の希望通りに生きてきましたから、私はずっとこのキツネさんのように生きてきました。

 

でも、大きくなってキツネさんでいることに違和感を感じるようになって。それから自傷が酷くなりました。入院するまでのレベルになったのも、自傷を手放せなくなったのも。だから、とりあえず、動きます。内定が出てから考えればいいのです。そう考えられるようになってから、少し心が落ち着きました。キツネさんでいるのはきっとダメなことです。

しかし、履歴書が自筆指定なので、大変です。今回の転職活動は基本的に印刷で行ってきていましたから。。。

幸い、この後両親が旅行に行く時があるので、そこで書類を準備しようと思います。

 

キツネさんから、卒業できるようになりたいものです。

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

20:21 転職活動 comments(0)
縁とタイミング

こんにちは。

行きたいと思っていたところ、結局今日のお昼過ぎに連絡が来ました。

でも、その少し前にサイトの方から連絡があり、HCUで内定を出してくれているところからの内定を受けたのでした。

丸1日連絡が来なかったこと、縁だと思います。転職は縁とタイミングだと思うので。

 

こっちのほうが近いし、4:1だし(内定受けたところは5:1)、HCUの入院期間も4日くらいだし(内定受けたところは7~9日)、なにより救命センターだし

上げればきりがないけど、どこに配属になるかもわからないし、病棟異動にもなるみたいだし。。。

内定を受けたところで、頑張るしかないのです。

言い聞かせながらも、頑張ります!!

 

だけど採用試験受けたいと連絡してあるので、ここの断り方、どうしようか。。。

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

15:53 転職活動 comments(0)
内定を受けました

精神と迷うところもあった私ですが、今はやはりまだ救急がやりたい気がするので、救急にしました。

自分で見学申し込んだところもとてもとても良かったけど返事も来ないし、内定貰えそうなところの内定を受けるつもりです。それもまた縁だと思いますので。。。

 

また、HCUになります。

今度こそ、ちゃんとずっと働いていかないと。

応援していただけると嬉しいです( ´艸`)

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

08:25 転職活動 comments(2)
1/3PAGES >>