大学病院で救命科看護師をしていましたが退職し精神科病院に初入院。その後、転職し働いていましたが閉鎖病棟(精神科救急)保護室&スーパー救急モニター個室に入院、慢性期総合内科への異動を経験し、救命の現場に戻ってきました。この大切な日々をもう私から手放したりはしない…!

瀉血/OD/リスカアムカレグカ/ときどき摂食風味
信頼する主治医さんの専門は薬物依存(主に違法薬物)と司法精神医療。一時ダニエル(女医)が主治医でした→転院しました。現在の主治医はハルちゃん♪
どうしたら

死にたいと思ったことはありませんか

でも、死ぬ勇気が出なかったことはありませんか

 

死ぬ勇気がないからと言って、それに気づいたからと言って生き易くなるわけではありません。

苦しさが和らぐわけではありません。

 

私はただただ死にたいのです。

ハルちゃん、ねぇ辛いよ。

 

自傷しなければ、それだけでいいの?

気付いてもらうための自傷なんて簡単だよ。Hbを3に下げることも。

 

…でも、そうじゃないんでしょう?

お願い、この苦しさに気付いて。。。

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

19:02 自傷 comments(0)
やれることはやったと思うの

針を刺しました。

あれ?針を手放したんじゃ…と思った方。鋭いですね〜でも私ほどのシャケラーになると、無から針を生み出すことが…さすがに出来ませんが。刺したいと思った時には針は手元にあります。

 

でもね、その前にちゃんとエビリファイを6mg飲んだのよ。それで30分の時間を経過してもダメでした、やれることはやったと思う。でも抜きました。

駆血帯もなく、血管の細い左手で400mlほど。

 

私は人との境界線が曖昧なのかもしれません。お姉ちゃんの苦しさに私が共鳴してしまう、そんな感じ

大丈夫だと思っていても、もう苦しくて苦しくて仕方ないのです。

ハルちゃんに週明け電話しようかなぁ。不穏になると頻コールの私ですので、ご迷惑をおかけします、きっと。

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

21:13 自傷 comments(0)
手放す勇気

ずっとずっと手離す勇気が持てなかった針を約300本、主治医さんに預けてきました。預けたと言っても返却はなしでしばらくしたら破棄されます。

そう、捨てる覚悟を、ね。自分から捨てることは出来なかったから、でも手放したかったから。だから…

 

お薬も、デパスなりなんなりを預けまして。残りはエビリファイ、ソラナックス、マイスリー、ハルシオンのみです。

これでもまだまだ在庫はあるのですけれど、乱用薬物を減らしたことを認めてほしいのです。

 

薬も針も、預かってくれない人も多い中で、主治医さんはこうして突然言っても快くいいよって言ってくれるのです、ありがとうといってくれるのです。だから、救われます。

自立支援の診断書も書いてくれると。

ありがとう、ね。こんな退院直後ですが、どんなことを書かれるのでしょうか。笑

 

副主任さんとのあのお話は華麗にスルーされていますが、それはそれでいいのでしょう、きっと。

まだなしとも決まっていないのですが。

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

19:18 自傷 comments(0)
ズレゆく体感

この前の採血の数値を下回っているとは思っていなかったの。今回は立ち眩みもないし、抜いた直後の気分不快もなかったから。

でもね、結果は(VBGにて)6コンマ。でもこれを私はとても高いと瞬時に認識してしまったよ。これってなかなかにヤバいのね。

だって、医大を退職になったときの数値は7.2だったの。ってまぁそこから6コンマまで低下したけどさ。そうやってクビになる数値なのですよ。

 

実は今日、師長さんに1週間のお休みが取れると聞きました。

まぁそれはピアス開けるなら1週間くらい休みとって計画的に開けなさいとかいうものだったのだけれど。でも、そうして1週間お休みがもらえるなら、そこで入院したいとも思うのです。だってそうやって入院したら戻りも救外で良いのでしょう。

この数値を高いと思う時、私は迷うことなく抜きます。そうすると働けなくなるのです。

だから、そうなる前に針のない世界に。そして、認識を戻したいのです。

 

主治医さんは入院を良しとしてくれないでしょうか。

でも、このまま普通に救外で働き続けたいから、だから私は主治医さんに今度、相談してみようと思うのです。

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

23:36 自傷 comments(0)
手段を奪われた私は

大学時代は瀉血もそこそこにカットをしていました。

当時はろくに受診もしていなかったから、脂肪層まで見えていたって縫合なんてしないでほったらかしに。そのせいでケロイドが酷いのですけれど。今回、このレベルで縫合されてしまったことが正直衝撃でした。

 

ダニエルのところに転院したとき、縫合されたことある?って聞かれて、『そんなレベルで切ったことありませ〜ん♪』とか言ったけど、全然縫合レベルでした。ただ、自分が病院にいってなかっただけ。

 

瀉血は私は精神医療にも内科医療にもご迷惑をかけるレベルでしてしまうからダメだダメだ(ODはすでに内科医療、救急医療にご迷惑をかけ済)、どうしよう…やっぱ原始的にカットか。。。

と多分思ったのだけれど、私のカットは精神医療にも外科医療にもご迷惑でした。

もうどれにしてもご迷惑なら、他人に一番バレにくい瀉血で良いかな、と思うバカなのです。

 

でもね。他で昇華できる代替手段がみつかるまで、きっと私は苦しみ続けるのでしょう。

そして、主治医さん・精神医療にご迷惑をかけ続けるのでしょう。

とにかく、もうカットはしないと思います。

瀉血は程度は考えるけど、まったく卒業と言うのはまだ難しいだろうなぁ。

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

22:00 自傷 comments(0)
1/7PAGES >>