大学病院で救命科看護師をしていましたが退職し精神科病院に初入院。その後、転職し働いていましたが閉鎖病棟(精神科救急)保護室&スーパー救急モニター個室に入院、慢性期総合内科への異動を経験し、救命の現場に戻ってきました。この大切な日々をもう私から手放したりはしない…!

瀉血/OD/リスカアムカレグカ/ときどき摂食風味
信頼する主治医さんの専門は薬物依存(主に違法薬物)と司法精神医療。一時ダニエル(女医)が主治医でした→転院しました。現在の主治医はハルちゃん♪
<< 開放病棟オールフリー main Dr.を操る >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
救外の時の主治医

前職を辞めてから半年ほど自傷から離れていた期間があります。なぜなのかはわかりません。でも、救外の時の主治医さんが関係しているとは思うのです。

 

正直救外の事はほとんど覚えていません。

でも、一応メールも何度かして、退職の前に退職のご挨拶に行っています。

今からのお話はその時のことです。

 

病棟へ行き、事務の人にDr.を呼んで貰いました。ラウンジにいると伝え、Staff stationから離れました。5分ほどで来ると言われていましたが、来たのは15分後くらい。Dr.の言う5分が15分なんて日常茶飯事でしたし、私はほぼフリーターなので、ゆるゆると待っていました。

私の事なんてもう忘れている…と思いきやそうではなかったのです。ラウンジに来た途端、私の方にすぐ歩いてきて、『遅くなってしまってごめんなさい』と。

救外でお世話になってから3ヶ月弱経っています。糖内の患者ではありませんし、Dr.はあれから何度も救外に入っているでしょうし、患者の1人である私を覚えていてくれたというのは驚きでした。

自傷の件も、『もともとこうだからなんて言うなよーそんなこと言ったらどうしようもないじゃんかよー』と。主治医か!笑

 

転職先(現職)も、じつは当時(前職)の救命のドクターが4月から着任する事になっており…

それを話したところ、『むしろ○○先生で良かったじゃん』と。『優しいし詮索してこないから良かったじゃん。頼りにしろよ。なんかあったら。』と。優しいんです。

Hでまた頑張ること、いずれはICUに行きたいことも、応援してくれました。

 

『お前覚えてないかもしれないけど、あの時仕事戻りたいって言ってたじゃん?で、今仕事戻ったらどうなると思う?って聞いたんだよ。そしたら患者さんが危険だって言ったんだよ。おっ、わかってるじゃん、(病棟)帰って良いよって言いそうだったもん』と言われたときは震えました。そんな細々したやりとりまで覚えていてくれたんだ、と。

あともう一つ。でも私最初からこんなんじゃなかったですか?と聞いたら、『いや、最初会ったときテンション半分くらいやったで。お前覚えていないだろうけど。はいはい、はーい みたいな感じで語尾長っ!て思ったもんww』と。えぇもちろん覚えていません。そこまで覚えていてくれてるんだ、と本当に驚きました。

その後デパスODで入ってきた患者さんも、薬が抜けたら言われたような変化があり、複雑だったのは内緒です。

 

救外で1つだけ言われたことがありました。

車で帰るな、と。タクシーか親を呼ぶとなって、私はバスを選択しました、彼の前では。でも実際車で帰って院内の駐車場で自損したのです。ぶつけました。それを伝えたとき、『おまえー笑』って言われて、事故ったって言ったときは『はっ?もうーww』と。『最低限しか言わないんだから守れよー』と。

この時、Dr.の言うことは守らなくちゃいけないとそう思ったのです。仕事柄Dr.のことを疑う時は疑います。でも、患者となったらDr.を信じる、そう思うようになったのは、彼のこの言葉でした。

Dr.と事後にこうしてフランクに話す機会なんて殆どないですが、今回こうして話してとても良かったのはDr.の考えがわかったことです。

 

彼に最後に言われたのは、『なんかある前に休めよ。休めるだろ?』いやー、でも休めないですよ『え?なんでだ 自分がどうにかなる前に休まないと。患者1人くらい…どうにかなるって笑』

そうだった、患者1人くらいどうにかなる。どうにかなる前に休まないと、だった。

 

『お大事に。。。じゃないな、頑張れよ、無理しすぎるな』

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

00:41 医大 comments(0)
スポンサーサイト
00:41 - -
comment

message :