大学病院で救命科看護師をしていましたが精神科病院に入院し退院後2ヶ月半で他院の救命科看護師に。その後、閉鎖病棟(精神科救急)保護室退室後16時間で救命科看護師に復職、スーパー救急モニター個室退院後に慢性期総合内科への異動を経験し、再度救命の現場に戻ってきました。この大切な日々をもう私から手放したりはしない…!

瀉血/OD(卒業)/リスカアムカレグカ(卒業)/ときどき摂食風味
信頼する主治医さんの専門は薬物依存(主に違法薬物)と司法精神医療。一時ダニエル(女医)が主治医でした
<< 引きこもりとは思えないくらい main 看護師はメンタルで辞める人も多い >>
少しだけの抵抗感を隠すために

障害者手帳の持ち運びにとても苦慮していました。自分で申請しておきながら、3級と認定して頂けると思っていなかったからです。

私は甘えてるだけなんだ、こんなに恵まれていて、日常生活や社会生活に制限があると思うなんて、なんて被害者意識が強いんだろう、と思っていたのです。でも、それは当事者というフィルターを通った考えかもしれないと思ったのです。客観的に私の病状はどの程度なんだろう…まぁこの病名では手帳は認定されないことが多いけれど、知りたいな。そう思って申請したのです。だから3級と認定されて少しほっとしている自分もいます。完全に甘えと言うわけではなかったんだ…と。

ただ、やっぱり健常者とは違ったんだ。という落胆がなかったわけでもありません。

私は申請者にしては(多分)珍しく、3級と認定されることも・不承認と認定されることもどちらでも嬉しく結果を受け入れることが出来る人でした◎

 

今まで手帳はそのままお財布に入れていたけど、職場でお昼を買いに行く毎にドキドキしていたのです。誰かに見られないか、間違って落としてしまわないか…etc

パスケースの購入も考えていたのだけれど…たぶん手帳持ちの方はご存知と思いますが、若干大きさが大きくて普通のパスケースには入りきらないのです。そんな中昨日、お友達(メンタルのことを理解してくれる大切なお仲間)と沢山のお店をwindow shoppingしていた時に良い大きさのパスケースを発見しまして♡

早速購入しました♪JILL STUARTのパスケースです。手帳が入るサイズで大きすぎずとても可愛いのです( *´艸`)

交通系ICカードはまた来週以降に出来上がってくるので、それから入れて今後活用していくつもりです☆

手帳は基本的には見えない位置に入れていて、提示を求められたときにだけ出すようにするつもりです。やっぱり少し、手帳持ちと言うことに抵抗感があるのです。ましてclosedで一般就労をしている私。私の病気を知らない人も多いのです。そんな人には知らないままでいてほしいと思ってしまうのです。

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

11:20 日常 comments(0)
スポンサーサイト
11:20 - -
comment

message :