大学病院で救命科看護師をしていましたが退職し精神科病院に初入院。その後、転職し働いていましたが閉鎖病棟(精神科救急)保護室&スーパー救急モニター個室に入院、慢性期総合内科への異動を経験し、救命の現場に戻ってきました。この大切な日々をもう私から手放したりはしない…!

瀉血/OD/リスカアムカ(再発)レグカ(卒業)/ときどき摂食風味
信頼する主治医さんの専門は薬物依存(主に違法薬物)と司法精神医療。一時ダニエル(女医)が主治医でした→転院しました。現在の主治医はハルちゃん♡
<< 看護師はメンタルで辞める人も多い main そんな余裕があるときは >>
認めたようで認めていない

12月末、自分は躁状態かと思った。普段なら使わないようなことにお金をつぎ込んだ。

でも、いつしかその散財は無くなり、金額も借金をするほどではなかったから躁状態ではないと思っていた。

 

そして最近また契約・購入が止まらない。そして、勉強・お仕事のためとは言え、セミナー受講の予定も目白押しになっていて。

少し落ち着いて現実が見えた今私の手元にあるのは2台目の車の見積書。

今の私の愛車は外車です。もちろん見積書の2台目の車も外車です。

あの時本当に契約しないで本当に良かったと思う。

 

私は医師ではないし、例え医師だとしても自分の診察は出来ないからアレだけど…

私は自分が躁状態となることがあることを認められない。認めたくない。受け入れられない。

 

精神疾患があることも認めるのに3年かかったの。でも、それが認めれられた・受け入れられたことと、躁状態が認め・受け入れることが出来ることとは同義ではなかった。解離疑いだって受け入れられないんだもんな。

 

病気と付き合うとかそんな次元になくてね。

諸々の受け入れがとても難しいです。

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

21:39 日常 comments(0)
スポンサーサイト
21:39 - -
comment

message :