大学病院で救命科看護師をしていましたが退職し精神科病院に初入院。その後、転職し働いていましたが閉鎖病棟(精神科救急)保護室&スーパー救急モニター個室に入院、慢性期総合内科への異動を経験し、救命の現場に戻ってきました。この大切な日々をもう私から手放したりはしない…!

瀉血/OD/リスカアムカ(再発)レグカ(卒業)/ときどき摂食風味
信頼する主治医さんの専門は薬物依存(主に違法薬物)と司法精神医療。一時ダニエル(女医)が主治医でした
<< 迷走神経反射 main 慢性疾患ですらないの >>
その言葉の真意は

今日は抜糸。主治医さんにしてもらいました。

中2つはマットレス縫合ー?そうだよ〜

なーんて会話が繰り広げられた抜糸でした。笑

 

主治医さんはナートの時も外科への紹介状を書くよと言ってくれていましたが、今日抜糸するときに万が一また切ったら外科ね。と

…えっ、私またナートレベルで切ることがあるの?っていう認識なの???((+_+))

 

まぁそれは私自身、自信がありません。

今はもう切らないと思っているけど、きっとそう思っているというよりそう思いたいだけであって。

 

でもさ、主治医さんはたぶん頼んだらまた縫ってくれるだろうけど、基本的に外科を推すその真意はなんなのでしょう。

やっぱり、ナートするくらいの傷を患者が作ってくるって、精神科医としては辛いことなのでしょう。

本当にごめん、主治医さん。こんなの縫いたくなんてないよね…

 

1週間前にナートされてから主治医さんも彼なりに考えるところがあったのでしょうか。

早く良くなりたいよ

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

17:42 精神科 comments(0)
スポンサーサイト
17:42 - -
comment

message :