大学病院で救命科看護師をしていましたが退職し精神科病院に初入院。その後、転職し働いていましたが閉鎖病棟(精神科救急)保護室&スーパー救急モニター個室に入院、慢性期総合内科への異動を経験し、救命の現場に戻ってきました。この大切な日々をもう私から手放したりはしない…!

瀉血/OD(卒業)/リスカアムカレグカ(卒業)/ときどき摂食風味
信頼する主治医さんの専門は薬物依存(主に違法薬物)と司法精神医療。一時ダニエル(女医)が主治医でした→転院しました。現在の主治医はハルちゃん♪
<< お仕事が忙しいって幸せ main お兄さんやお姉さん >>
嬉しくて悔しい

さて、私の部署に私と同じくPちゃんが来ました。でも、“異動”ではないらしくてね。

私は受け持ちもさせてもらえて、徐々に任せてもらえることも増えて来たけど、その子はそうではないらしくてね。

私はPちゃん枠じゃなくて、ちゃんと看護師として異動させてもらえてるのかなって。そして先輩方にも貴女の時は異動だったけど、今回は違うみたいよ。と言われて、先輩方にもちゃんと看護師としての異動と認めてもらえていて嬉しくもあるのです。Pちゃんというのをもう隠してはいないけど、大公開もしていないの。

 

でもね。きっとそんなあの子より私の方がプシコなのです。それが悔しいのです。

きっと彼は保護室には入っていないでしょう、モニター個室にも入っていないでしょう、スーパー救急や精神科救急病棟ではないでしょう、そもそも入院なんてしていないでしょう。そしてね、きっと精神障害者保健福祉手帳を所持はしていないでしょう。彼はPちゃんだけど、障害者ではないのです。私はもちろんのことで障害者。

それが悔しくもあります。

 

でも、障害者であろうと仕事が出来ていることが私にとっては大切だから良いのです。別にそれで何かに絶望したりはしません。

でも、少し。何か少し悔しいとそういうことです。

早く良くなりたいとそう思いました。

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

22:25 現職 comments(0)
スポンサーサイト
22:25 - -
comment

message :