大学病院で救命科看護師をしていましたが退職し精神科病院に初入院。その後、転職し働いていましたが閉鎖病棟(精神科救急)保護室&スーパー救急モニター個室に入院、慢性期総合内科への異動を経験し、救命の現場に戻ってきました。この大切な日々をもう私から手放したりはしない…!

瀉血/OD/リスカアムカ(再発)レグカ(卒業)/ときどき摂食風味
信頼する主治医さんの専門は薬物依存(主に違法薬物)と司法精神医療。一時ダニエル(女医)が主治医でした
<< お兄さんやお姉さん main 徐々に狂っていく体感 >>
またPが来ました

Pちゃんが異動してきたとき、某先輩が言った言葉です。

また、というのは私に続いてということでしょう。

どう思ったかと聞かれたら、少しショックでした。でも、確かに私はPちゃんだし、だからこそ異動してきたんだし(Pじゃなかったら異動はしてきていない)…

直接私に対して言ったわけでもないので当然否定なんかできず、でも悶々としていた私。

 

ただ、一応1カウントしてもらえているし、かわいがってもらえているし、もうそれだけでいいのではないでしょうか。

そう思えるまでに時間はかかりましたが。今はそういうことがあってショックを受けても、思考を変えるようにしています。認知行動療法的な感じでしょうか。本当は最初からそう考えて受け入れられたらいいのですが、なかなかそうはいかないので、故意的に思考していきます。

 

思考回路を変えて、それでもいいじゃないかと思っても悶々としてしまう時間は少なからずあります。でも、ずっと悶々としていた頃より良いのではないでしょうか。この日悶々としていたのは6時間ほどでした。

 

プシコでも、救急の看護師として、学んでいきたいのです。

先輩方は経験も豊富で全然背中さえ見えないくらい素晴らしい方々です。私は溺れないように努力していきます。先輩方は溺れそうになると私を引き上げてくれる。放っておいているように見えてもちゃんと遠くから見守ってくれているのです。

この環境に置いていただけること、見守ってたくさんのことを教えてくれる先輩方に感謝して、私自身も少しずつ成長していけたらと思います。

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

19:50 現職 comments(0)
スポンサーサイト
19:50 - -
comment

message :