大学病院で救命科看護師をしていましたが精神科病院に入院し退院後2ヶ月半で他院の救命科看護師に。その後、閉鎖病棟(精神科救急)保護室退室後16時間で救命科看護師に復職、スーパー救急モニター個室退院後に慢性期総合内科への異動を経験し、再度救命の現場に戻ってきました。この大切な日々をもう私から手放したりはしない…!

瀉血/OD(卒業)/リスカアムカレグカ(卒業)/ときどき摂食風味
信頼する主治医さんの専門は薬物依存(主に違法薬物)と司法精神医療。一時ダニエル(女医)が主治医でした
<< 徐々に狂っていく体感 main 2週間後を譲れなかったのは主治医さんの方 >>
季節の変遷

最後に入院したのは、秋が冬に移り変わる季節。

初雪は病棟からでした。息を吐くと白くなるのも、寒さが身に沁みるのも、全部全部新鮮で嬉しかったです。だって、私は閉鎖病棟で病棟内しか行けなかったから。

 

なーんて思っていたら、季節はもう春から秋に変わろうとしていました。当たり前だよね、半年経つんだもん。

でもなんというか、しみじみとする。

去年は本当に生きること、自傷を隠して仕事を辞めさせられないことに必死だった。辛かったよ、生きていて。

 

今ももちろん辛いことはあるけど、でも、楽しい・頑張りたいって思えることがあるからね。

幸せだね。生きていたいよ。

今後もこんななんでもないことや今は辛いと感じることも“楽しい・頑張りたい”って思えるようになるのならば、生きていきたいと思う。

 

“自分の生きた意味を求めるのが人生”

と昔から思っています。その意味が分かったとき、人は死ぬのではないかと。

私はまだその意味を見つけてはいなかったね。

 

今後も弱音を吐くときがたくさんあると思うけど、でも、しっかりと生きていきたいと思う。

死にたいと思わなくなるその時まで、死ねる勇気が持てませんように。

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

18:53 日常 comments(0)
スポンサーサイト
18:53 - -
comment

message :