大学病院で救命科看護師をしていましたが退職し精神科病院に初入院。その後、転職し働いていましたが閉鎖病棟(精神科救急)保護室&スーパー救急モニター個室に入院、慢性期総合内科への異動を経験し、救命の現場に戻ってきました。この大切な日々をもう私から手放したりはしない…!

瀉血/OD(卒業)/リスカアムカレグカ(卒業)/ときどき摂食風味
信頼する主治医さんの専門は薬物依存(主に違法薬物)と司法精神医療。一時ダニエル(女医)が主治医でした→転院しました。現在の主治医はハルちゃん♪
<< 季節の変遷 main この日がついに来たんだと >>
2週間後を譲れなかったのは主治医さんの方

だいぶ穏やかな最近です。今日の受診もしなくても耐えられそうなそんな感じ。

それでもまぁ主治医さんとのお約束(次回受診)をすっぽかすのは申し訳なく受診に行ってまいりました。話す内容は専ら私のお仕事のお話。そしてDMATのお話とか。主治医さんもDPATの隊員さんなので、動向は把握していました◎

もしかしたら出動しているかもしれないな~なーんて思いつつ、県立病院が取材やプレスリリースなく出動することはないからきっと大丈夫と信じて受診に行きました。でも、主治医さん以外の代替のドクターに診察される気もないし、同じ医療従事者・救急医療に携わる者としてDPATを応援したい気もするし、もしいなければただ帰宅しようと思っていましてね。

そんなこんなで迎えた診察は、なんていうか雑談です。きっと彼はその中からも精神的な何かを抽出してくれたのでしょうけれど。

お仕事の愚痴などをね、少し聞いてもらっていました◎

 

いつも診察の最後にお薬と次回受診の日程調整を行います。

お薬は、サブの病院が出来たことを主治医さんは理解したようです。というか、出来たと感づいたようでした。私も率直に言うつもりはなかったけれど、隠す必要もないと思っていたからね。お互いに直接サブの病院があるなんて言ってないけど、お互いにサブの病院が出来たこと、それが伝わったことは共通見解だと思います。ダメだぞ〜なんて言われました。えーでもでもだって主治医さんはマイスリーもハルシオンも出してくれないんだもんヽ(`Д´)ノプンプン

 

そして、次回受診。2週間後?って主治医さんから聞いてきた割に私が何か答える前に混んでいるというので、落ち着いていた私は4週間後で良いよ~♪と。だがしかし当然の如くに却下されました。2週間間隔での受診は専ら私の希望だと思っていたけれど、そうではないのかな。混んでいるのは〇時!時間ずらせば大丈夫だから!予約は2週間後の△時!!と。

…えーーーーまじで。今落ち着いているから本当は本当に4週間後っていうか次回受診決めなくても良いくらいなのに!!

ダニエルは3週間後、4週間後とどんどん延長していきたい感じが見え見えで4週間後まで延長するところで転院となりましたが、そのあとはもっと延長しようとしたのでしょうか。4週以上にはさすがに伸ばすことはないのでしょうか。

 

彼女のことも少し懐かしく感じますが、戻りたいとかも積極的に強く思うことはありません。

行動も拒食・過食・散財はなく、本当に落ち着いていて穏やかな日々を過ごしています。この日々がこれからも続きますように…

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

11:50 精神科 comments(0)
スポンサーサイト
11:50 - -
comment

message :