大学病院で救命科看護師をしていましたが退職し精神科病院に初入院。その後、転職し働いていましたが閉鎖病棟(精神科救急)保護室&スーパー救急モニター個室に入院、慢性期総合内科への異動を経験し、救命の現場に戻ってきました。この大切な日々をもう私から手放したりはしない…!

瀉血/OD/リスカアムカ(再発)レグカ(卒業)/ときどき摂食風味
信頼する主治医さんの専門は薬物依存(主に違法薬物)と司法精神医療。一時ダニエル(女医)が主治医でした
<< 何度自信を喪失したら main 最後のお別れの感謝 >>
その言葉に救われ選択したの

ダニエルには、そんなに来ても変わらないよ、と言われたことがあります。

そうなんだけど……となんとも言えない淋しい気持ちになったのを覚えています。

その時に思い出したのは、主治医さんが『あなたは辛い時にちゃんと来てくれるからありがたいよ』と言った言葉でした。

辛い時に言われる言葉で救われる。その言葉の違いで主治医さんを選んだと言っても過言ではありません。

 

そして、今日。

いつものように大丈夫を装う元気がないままに受診しまして。

話す元気もなかったから10分ほどの診察でしたが、それでもダニエルより長い診察でした。笑

そしてまた、主治医さんに『ちゃんと来てくれるから…』と言わせてしまいました。

あぁ、そんなふうに気を使わせるつもりはなかったのに…と思いながらも、その言葉を言ってくれる(そう考えてくれる)主治医さんが良くて私は主治医さんを主治医として通院しているのだと再認しました。

調子が悪くて、受診なんてもうどうでもいいわーい、と思っていた私ですが、主治医さんの言葉に救われました。

 

そして、来月からは休み希望の関係で隔週受診から月1受診に変更します。

主治医さんに言ったらいいよ、って。でも大丈夫?って聞いてくれて、夜診とかで対応していこうとのことになりました。

ダニエルだったら他の曜日というのもないし、時短だし、そういうことは絶対に出来ないよね。

 

久しぶりにダニエルの文字を見て(開放処遇制限のお知らせ)懐かしく思いながらも、主治医さんを主治医としている今が最善であると思えた1日です♡

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

13:16 精神科 comments(0)
スポンサーサイト
13:16 - -
comment

message :