大学病院で救命科看護師をしていましたが退職し精神科病院に初入院。その後、転職し働いていましたが閉鎖病棟(精神科救急)保護室&スーパー救急モニター個室に入院、慢性期総合内科への異動を経験し、救命の現場に戻ってきました。この大切な日々をもう私から手放したりはしない…!

瀉血/OD(卒業)/リスカアムカレグカ(卒業)/ときどき摂食風味
信頼する主治医さんの専門は薬物依存(主に違法薬物)と司法精神医療。一時ダニエル(女医)が主治医でした→転院しました。現在の主治医はハルちゃん♪
<< 病棟看護と外来看護 main 傷つくとわかってるけれど >>
あてただけでも

猫に引っかかれたようなリストカットがしたい。

でも私がカミソリを握ったら引いてしまう。ナートになってしまう。

 

だから、私はカミソリを前腕に押し当ててみました。切れないと信じて。

でもね、いろんなところに押し当てていたら血が流れていたの。気付いた時には遅かったよ。私が大切にしていた見える部分は切れていました。

左肩だってカミソリでなぞったから切れていてね。

 

切ったり抜いたりしたら絶対後悔するとわかっているのに、それでも切ったり抜いたりするから私はタチが悪いのです

普通に普通に見た目普通の私を固持するために、デュオアクティブを貼付しました。

自分で切って自分で処置する愚かさを知っているけど、私が守りたいものがあるからそれを優先しました。

 

私はいつ、死ぬ勇気が出るのでしょうか。

ねぇ、不思議だよね。既遂出来た人の最期は、どんな世界が広がっていたのでしょうか

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

21:56 日常 comments(2)
スポンサーサイト
21:56 - -
comment
初めまして通りすがりのりゅーにです、
通りすがりとか言いながらいつもブログ読ませて頂いてます。
仕事上私も人から見えない位置を切っています、
お前に何がわかるんだよと思われると思うのですが
私的には死ぬ勇気でなく生きる勇気を出して欲しいです...
今生きてる時点でそんな事してると思うのですが...
こんなことしか言えなくてごめんなさい、
そしていきなりこんなこと言ってごめんなさい、

遅い時間なのでゆっくりと休んでください
おやすみなさい。
りゅーに、 2018/07/10 23:50
りゅーにさん、コメントありがとうございます、とても嬉しいです。
そしてこんなつたないブログを読んでくださっていて本当に嬉しいです、ありがとうございます◎
見えるところは切ってはいけないと本当に後悔し反省しています…(それじゃない感←)

生きる勇気…きっとそれがベストなのでしょう。でもそれは私にはハードルの高すぎることなのではないかと思ってしまうのです。bestは無理でも、second best やbetterを考えると死ぬ勇気になってしまうのです。
(o;ω;o) 2018/07/12 20:22

message :