大学病院で救命科看護師をしていましたが退職し精神科病院に初入院。その後、転職し働いていましたが閉鎖病棟(精神科救急)保護室&スーパー救急モニター個室に入院、慢性期総合内科への異動を経験し、救命の現場に戻ってきました。この大切な日々をもう私から手放したりはしない…!

瀉血/OD/リスカアムカ(再発)レグカ(卒業)/ときどき摂食風味
信頼する主治医さんの専門は薬物依存(主に違法薬物)と司法精神医療。一時ダニエル(女医)が主治医でした
<< 自分の荷物を持てる人は多くはないらしい main 違うと明確に言えない悲しさ >>
体質ではなくて(薬の)性質

眠剤を手放した私ですが、やっぱり昨日全く寝れなくてね。ずっとずっと心配していたから寝れないのは必然だったのかもしれないけどね。主治医さんに再度ハルを頼みました、断られました。笑

そこで言われたのが表題です。

BZが飛ぶのは体質ではなくて性質だから…と。マイスリもBZじゃないとは言えBZだし、といって結局眠剤は短期は出せない〜となりました。笑

でも、体質じゃないと言われて、私は大丈夫だからとごり押しできなくなったな〜と思うとともに、飛ぶのは私が悪いからではないんだな、と思えるようになりました。

 

ソラもマイナーだからやめておこうと。解離することの方が怖いから、職場でもメジャーを飲むことにしました。お世話になるのはエビちゃん♪

メジャーを飲むのが怖くて。精神科通院が出来るようになっても、内服が出来るようになっても、精神疾患を認められるようになっても、精神障害者だと認められるようになってもなお、メジャーを飲むことに抵抗しかなかったのだけれど、仕方ないね。ついに、です。

 

支えてあげたいといくら私が願ったところで、今の私の状態が良くないことに変わりはないし、最近は本当に解離してしまうし。

私はまず、私の治療を。

私には幸いなことに信頼できる主治医さんがいて、彼もまたしっかりと支えてくれて。部署がどれだけ変わってもくだらない話を聞いてくれるプリさんがいて、愚痴や相談を聞いてくれる他部署の看護師さんがいて、闘病仲間がいて。

この環境も自然に出来たわけじゃなくて、もちろん私も周りも頑張って出来たものだから。わたしはそれを信頼して生きていくのです。

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

14:49 精神科 comments(0)
スポンサーサイト
14:49 - -
comment

message :