大学病院で救命科看護師をしていましたが退職し精神科病院に初入院。その後、転職し働いていましたが閉鎖病棟(精神科救急)保護室&スーパー救急モニター個室に入院、慢性期総合内科への異動を経験し、救命の現場に戻ってきました。この大切な日々をもう私から手放したりはしない…!

瀉血/OD/リスカアムカ(再発)レグカ(卒業)/ときどき摂食風味
信頼する主治医さんの専門は薬物依存(主に違法薬物)と司法精神医療。一時ダニエル(女医)が主治医でした→転院しました。現在の主治医はハルちゃん♡
<< 愛してるって伝えるほかに何ができるの main 身体が重いの >>
結局嫌いになんてなれない

オーバードーズをしたと言われると、普通の人にも増して心配になってしまう、不穏が伝染してしまう。過去に“この薬中!”と言われるくらいにデパス依存で、個人輸入をして新卒で入職した病院を退職となっていることを否が応にも思い出されてしまうのよ。

だから主治医さんはあんなに明確に拒絶を示した。私の決めたことには基本的に絶対反対しない主治医さんが、あんなに明確に拒否をしたのはハルシオン処方して、に続いて2つめかもしれない。

 

でも、私は彼女が嫌いになんてなれなかった。

主治医さんの言うことは信じていて、きっと距離を取った方が良いのだと頭ではわかっている。でも、私は彼女が嫌いになれなかった。嫌いになれたらどれだけ楽だろうと思うくらいに。だって、主治医さんの言うこと正しいと思うのよ、私だってそう思うもの。でもそれでも私は彼女のことが嫌いにはなれませんでした。

 

そんなこんなで勤務が重なった今日、彼女の看護を見ていました。

彼女の看護も素敵でした。お姉様やA先輩と同じくらいに…といっても救外の先輩方の看護って基本的に大好きなのです、ずっと見ていたい…←

尊敬する先輩というのは変わらなくて、ロールモデルと言ったら主治医さんに否定されそうだけど、メンタル持っていてもちゃんと救急で働けてさ。私もあんなふうになりたいのよ。(彼女は健常者で私は障害者であることはわかっているよ、これからもOD等々自傷を続けたいというわけではないのよ。そこは言わなくてもわかっていると知っているでしょう?主治医さん…)

 

表面上だけとしても、強くなりたい。入院なんてしないでお仕事を続けられる強さを。そしてね、自傷するとしてもお休みの日で完結できるだけの理性を…

もうどうでもいい、その後の人生なんて知らんと自暴自棄になるのが私のまだまだ幼稚でおこちゃまなところ。

自傷するとしても彼女みたいに仕事に影響しない日を選べるようになりなさい…彼女から学ぶことはまだまだたくさんあるのよ。

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

22:40 日常 comments(0)
スポンサーサイト
22:40 - -
comment

message :