大学病院で救命科看護師をしていましたが退職し精神科病院に初入院。その後、転職し働いていましたが閉鎖病棟(精神科救急)保護室&スーパー救急モニター個室に入院、慢性期総合内科への異動を経験し、救命の現場に戻ってきました。この大切な日々をもう私から手放したりはしない…!

瀉血/OD(卒業)/リスカアムカレグカ(卒業)/ときどき摂食風味
信頼する主治医さんの専門は薬物依存(主に違法薬物)と司法精神医療。一時ダニエル(女医)が主治医でした→転院しました。現在の主治医はハルちゃん♪
<< 結局嫌いになんてなれない main 時間外でみるということ >>
身体が重いの

明らかに解離した翌日は身体が重くてだるくて、目覚ましの音で起きるけれど、しばらくは寝返りも起き上がりも出来ないくらい…

でもね、そうでなくても同じような状況になることがあるの。無意識の解離なのかなぁ…

 

私はもともと朝が強くて、寝坊も遅刻もないし、ベッドから起き上がれないなんてなかったのよ。まぁ冬で寒いから〜はあるけれど。

でも、これがホントに解離のサインとなると、私は2〜3日に1回は解離していることになるし、それに私は気が付いていない。

保険の解約のこともそうよね。記憶にない解離なのかなって思うととてもとても怖いよ…どうしたらいいの…

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

10:10 日常 comments(0)
スポンサーサイト
10:10 - -
comment

message :