大学病院で救命科看護師をしていましたが退職し精神科病院に初入院。その後、転職し働いていましたが閉鎖病棟(精神科救急)保護室&スーパー救急モニター個室に入院、慢性期総合内科への異動を経験し、救命の現場に戻ってきました。この大切な日々をもう私から手放したりはしない…!

瀉血/OD(卒業)/リスカアムカレグカ(卒業)/ときどき摂食風味
信頼する主治医さんの専門は薬物依存(主に違法薬物)と司法精神医療。一時ダニエル(女医)が主治医でした→転院しました。現在の主治医はハルちゃん♪
<< なんだかんだで進んでいるのだろう main 私のキャパシティーの問題 >>
頼られることの強さ

日勤常勤の私は、単発休みの多い勤務になっています。

そのあるお休みが出勤になりました。なので現在はなんと9連勤中。でも、いいのです。私がいると助かるとそう言ってもらえるから。そう評価してもらえて嬉しいから。

 

でもね、だからこそ無理をしているのもわかります。

今日彼氏さんに疲れてるね〜と言われてしまいまして。心配かけてごめんね><

人から見ても疲れているのはいけない!と思いましたが、疲れていて大丈夫な振りは出来ませんでした。

 

お仕事では、任せてもらえるようになったり、少しずつですが自分を認められるようにもなってきてね。そりゃヘコむこともまだまだ多いけれど、お仕事が楽しいのです。

解離しないとなお楽しくてね!!今週は解離していないから、本当に本当にお仕事が楽しいのだよ。

解離するようになって、解離しない日がいかに貴重で大切かわかるようになりました。解離してぼーっとするのも、その後の身体のだるさも、きっと健常者にはわからないのでしょう。

私は障害者となってたくさんのものを失った。その失ったものは大きい。いまだに失っていなければと思うことも多い。けれどわたしが“健常者”だったころには見えなかった景色も見えるようになってきたと思うのです。

失ったものに気を取られて悲しい日々を送るより、得られたものに感謝をして日々生きていきたいと思うのです。

みなさん、生きましょう

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

22:19 日常 comments(0)
スポンサーサイト
22:19 - -
comment

message :