大学病院で救命科看護師をしていましたが退職し精神科病院に初入院。その後、転職し働いていましたが閉鎖病棟(精神科救急)保護室&スーパー救急モニター個室に入院、慢性期総合内科への異動を経験し、救命の現場に戻ってきました。この大切な日々をもう私から手放したりはしない…!

瀉血/OD/リスカアムカ(再発)レグカ(卒業)/ときどき摂食風味
信頼する主治医さんの専門は薬物依存(主に違法薬物)と司法精神医療。一時ダニエル(女医)が主治医でした
<< ずっと活きる言葉 main 涙を流せる強さ >>
はじめから何一つ必要なものなんてなかった

あれだけの種類・あれだけたくさんのお薬も、ガードのついていないカミソリも、種類豊富・太さ豊富な針も

きっと何一つ初めから私には必要なかったのではないかな。

 

でも、私は求めてしまう

いつか手放したい、今はまだ縋ってしまう…そんなことを言っていたら一生私は変わらない。

ここで絶望するのもありだと思う。今後絶望しない自信なんてない

でもね、私が先に絶望して、自ら復職の希望をつぶしに行かなくてもいいのではないでしょうか…

 

少なくとも今はそう思えているから。

だから私は針とお薬を手放したいとそう思っているのです。

応援してくれますか?

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

09:21 日常 comments(0)
スポンサーサイト
09:21 - -
comment

message :