大学病院で救命科看護師をしていましたが退職し精神科病院に初入院。その後、転職し働いていましたが閉鎖病棟(精神科救急)保護室&スーパー救急モニター個室に入院、慢性期総合内科への異動を経験し、救命の現場に戻ってきました。この大切な日々をもう私から手放したりはしない…!

瀉血/OD/リスカアムカ(再発)レグカ(卒業)/ときどき摂食風味
信頼する主治医さんの専門は薬物依存(主に違法薬物)と司法精神医療。一時ダニエル(女医)が主治医でした
<< はじめから何一つ必要なものなんてなかった main 涙を流しながらも笑えるの >>
涙を流せる強さ

職場は勤務変更なく進んでいるようです。

夜勤もロングも私はやっていないから、勤務変更する必要性もないもんね。

だから、もともと私が勤務する予定だった日の日勤は欠員で回っているようです。ご迷惑をおかけしてごめんなさい。

 

 

…ほらね、私なんて最初からいてもいなくても一緒だったんだよ。

わかっていたけど、ろくに戦力になんてなってなかったんだ。

私は血培を持っていくこととか、そういった仕事は割り当ててもらっていなくて。だからこそ本当に先輩たちの仕事は変わらない。

 

大好きな救外だけど、私が力になることなんて出来ていないのです。わかっていたけど、ね

こんな私が救外に戻りたいといくら言ったって戻ってこられるメリットなんてなくて、また同じことを繰り返すかもしれなくて…そう考えたら救外のみんなが私のことを受け入れられるわけはないよね

 

護られもしない病室の中で静かに涙を流す私です。

精神科でなら、精神科救急の病棟でなら、保護室でなら何かが変わったでしょうか。

精神科の病棟では、個室でも、モニター個室でも、保護室でも。私は護られながらにずっと泣いていました。護られているから泣けるのです。赦されるから泣けるのです

 

今は、自暴自棄になって泣けないようなそんな精神状態からは落ち着いたと思っています

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

09:37 現職 comments(0)
スポンサーサイト
09:37 - -
comment

message :