大学病院で救命科看護師をしていましたが退職し精神科病院に初入院。その後、転職し働いていましたが閉鎖病棟(精神科救急)保護室&スーパー救急モニター個室に入院、慢性期総合内科への異動を経験し、救命の現場に戻ってきました。この大切な日々をもう私から手放したりはしない…!

瀉血/OD/リスカアムカ(再発)レグカ(卒業)/ときどき摂食風味
信頼する主治医さんの専門は薬物依存(主に違法薬物)と司法精神医療。一時ダニエル(女医)が主治医でした
<< 手帳をもってから初めての休職 main 手放す勇気 >>
過食嘔吐

俗にカショオと言われるものです。

私は大学時代に摂食障害と言われましたが、正式な診断かというと微妙で、その後の診断名にも摂食障害はありません。

 

でもね、今日家族でご飯に行って、これ以上食べたら無理だと思ってね。そしてお料理2種類とアルコール2種類と削ってもらったけどダメで、実家に帰って父が外出、母が入浴に行ったタイミングで吐くのです。

指吐きしかできない私が、簡単な腹筋吐きをして、すこしの指吐きをして。そんな程度です。気休め程度の嘔吐でした。でも、こうして両親の目を盗んで嘔吐しなくてはいけないことが悲しいのです。

 

ダニエルは食事に波があることを知っていてね。主治医さんは知りません。嘔吐していることは伝えたと思うけれど、ね。取り合ってくれません。

摂食についても、針やお薬を預けたいことも、自立支援の診断書のことも。このまま主治医さんの下にいるのならすべて解決するのに、転院しようとしているから、複雑になっています。

ねぇ、私は生きるよ。でも、とても生き辛いの…

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

23:29 日常 comments(0)
スポンサーサイト
23:29 - -
comment

message :