大学病院で救命科看護師をしていましたが退職し精神科病院に初入院。その後、転職し働いていましたが閉鎖病棟(精神科救急)保護室&スーパー救急モニター個室に入院、慢性期総合内科への異動を経験し、救命の現場に戻ってきました。この大切な日々をもう私から手放したりはしない…!

瀉血/OD/リスカアムカ(再発)レグカ(卒業)/ときどき摂食風味
信頼する主治医さんの専門は薬物依存(主に違法薬物)と司法精神医療。一時ダニエル(女医)が主治医でした
<< 手放す勇気 main 私たちが目指す“強さ”とは健常者のそれではない >>
劣等感を感じるのは私

勝手に劣等感を感じるから生きづらいのだと知っています。それでも、感じたくなくても否応なく生きづらさを感じてしまうのです。

 

現在4年目にして3度めの休職中。たぶん、もう職場には戻らないでしょう。

でも転職活動もしていないという宙ぶらりんな期間です。

 

看護師はシフト制で、もともと平日休みが多かった私は平日の休みには慣れているはずです。普段は劣等感なんて感じることはありません。でもね、休職したら途端に誰かに後ろ指を指されたようなそんな感じがしてしまうのです。

昨日は久しぶりにお仕事をしました。と言っても前回思った通り『楽だけど、私が仕事にしたいのはこの分野ではない』でした。

それでも!!!!

それでもやはり社会参加したというのは自信になりまして。昨日1日は誰に後ろ指指される(と感じる)ことなく生きることが出来ました◎

 

さて、心に副主任さん♡これを忘れずに私は生きてゆきます。

ってまぁまた“死にたい”なーんて思っている弱っちい私だけれど、でも、行動化もしなけりゃ行動化したいと思うこともないのです。強くなったでしょ?笑

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

18:26 日常 comments(0)
スポンサーサイト
18:26 - -
comment

message :