大学病院で救命科看護師をしていましたが退職し精神科病院に初入院。その後、転職し働いていましたが閉鎖病棟(精神科救急)保護室&スーパー救急モニター個室に入院、慢性期総合内科への異動を経験し、救命の現場に戻ってきました。この大切な日々をもう私から手放したりはしない…!

瀉血/OD/リスカアムカ(再発)レグカ(卒業)/ときどき摂食風味
信頼する主治医さんの専門は薬物依存(主に違法薬物)と司法精神医療。一時ダニエル(女医)が主治医でした
<< さよならは時期を私に委ねられただけ main 受け持ち >>
その日はいつなのだろう

転職活動を開始しましたが、退職する気もこのまま残る気もしています。

主治医さんはずっとずっと退職と考えています。多分、次回受診の時も退職の時期についての相談になるのでしょう。

けどね、でもね。私も退職を期待されているとわかっているけど…その方が私も精神衛生上も良いとわかっているけれどね、でも楽しかったあの日々を知っているから、いつかその日々に戻れると期待したいから、退職する勇気が出ないのです。

お姉ちゃんには今はまだ焦らなくていい時期だと言われました、私もそんな気はしています。でも焦ってしまうの。だって、私は休職前より状態は良いのよ。なのに、何もできないのだもん。不甲斐なくて惨めなのよ。

 

そしてね、転院するかこのまま主治医さんのもとに残るかも私の中では課題です。

…ただ、今は転職できるメンタルにないことも確かです。

精神科医に縋ってしまうから。今主治医さんから離れたら縋れるひとがいないのです。

でも、転院は今がタイミングだとも思うのです。ねぇ、転院したいよ、一旦主治医さんから離れたい気もするのよ。でもねでもね。それも今は怖いの。私はどうしたらいい?

 

副主任さんは残れたことを一緒に驚き、喜んでくれました。嬉しかったよ、ありがとう♡

次回会える日を、今から楽しみにしています。宿題は1つ答えを出しました。でも、他の答えもないか、当日まで考え続けます

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

17:19 日常 comments(0)
スポンサーサイト
17:19 - -
comment

message :