大学病院で救命科看護師をしていましたが退職し精神科病院に初入院。その後、転職し働いていましたが閉鎖病棟(精神科救急)保護室&スーパー救急モニター個室に入院、慢性期総合内科への異動を経験し、救命の現場に戻ってきました。この大切な日々をもう私から手放したりはしない…!

瀉血/OD/リスカアムカレグカ/ときどき摂食風味
信頼する主治医さんの専門は薬物依存(主に違法薬物)と司法精神医療。一時ダニエル(女医)が主治医でした→転院しました。現在の主治医はハルちゃん♪
<< 少しだけど会えました♡ main どうしたら >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
護られたい

制限とも見える環境が実は制限どころか安全な環境だったりもする。

保護室に何度も入っていて、それに気が付かないわけがないのよ。

 

12月にこの程度で入院すること、甘えかもとも思えていて。

私は入院したいの?そんなはずは。って思っていたのだけれど、やっぱり私は入院したいんだって思った。

だって、家にいたら実家でもアパートでも、自傷するかもしれないじゃん。自傷したい、しちゃダメって格闘もあるじゃない?それに負けたらどうなるのよ。

だから、そんな格闘のない場に私は短期間でも行きたいのだ。

生きたいから制限のある環境に身を置きたいのだ。

 

自分でその環境に身を置くほどの強さはないから(その強さがあるのなら自傷はしないよね)、入院してその制限下に身を置きたいのよね。

一番守られていたのは保護室。しかも初めての入院の時だと思う。

その気持ちは変わらない。保護室ほど安心して生きていられるところを私は知らない。

ただ生きているだけで良いとしてもらえる場所なんて他にない。…究極の甘えだね、私。笑

 

12月の入院を、私は選択するのでしょうか。

入院すれば、制限もあり副主任さんもいてくれるよ。でも、そこまで私は甘えていいのだろうか、その自信がありません。

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

21:39 日常 comments(0)
スポンサーサイト
21:39 - -
comment

message :