大学病院で救命科看護師をしていましたが退職し精神科病院に初入院。その後、転職し働いていましたが閉鎖病棟(精神科救急)保護室&スーパー救急モニター個室に入院、慢性期総合内科への異動を経験し、救命の現場に戻ってきました。この大切な日々をもう私から手放したりはしない…!

瀉血/OD(卒業)/リスカアムカレグカ(卒業)/ときどき摂食風味
信頼する主治医さんの専門は薬物依存(主に違法薬物)と司法精神医療。一時ダニエル(女医)が主治医でした→転院しました。現在の主治医はハルちゃん♪
<< 死が解決ではないと知っていながら main 禁句と知っているけれど >>
飲み込んでくれた言葉は

今日はハルちゃん受診。

調子が悪くて起きれずに10時半の予約時間に間に合わず。12時に行って診てもらいました。

ハルちゃんの外来はもう終わっていて、病棟に行ってしまっていたみたいだけど、戻ってきてくれました。本当にごめん。

 

お化粧をする余裕もなく行ったからすっぴんマスクメガネ。笑

真っ白だよって言われてしまいました。…ごめん、隠す余裕がなかったのよ。

採血も提案されましたが、拒否。だって低値だったとしても、今の私は入院するつもりはないのです。12月まで待ってよ、休みとってあるから…

 

ハルちゃんは入院する?って言いたかったと思います。

2週間前から入院させたいのだとわかっています。でも、その言葉を飲み込んで、4週間後には入院できるんだよね?って言ってくれた。

だから私は4週間後まで生きて、入院しなければいけないのです。

娑婆にいさせられると判断したわけではない私を娑婆に泳がせてくれているのは…ね。

ハルちゃんが信頼してくれているのをわかっていて一方的に裏切ってはいけないことくらいはわかっているのです。でもそれがとても難しいのです。

いっそのこと、保護で措置で入院させてほしいと思わなくもないのです(困るし恨むけど←)

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

21:05 精神科 comments(0)
スポンサーサイト
21:05 - -
comment

message :