大学病院で救命科看護師をしていましたが退職し精神科病院に初入院。その後、転職し働いていましたが閉鎖病棟(精神科救急)保護室&スーパー救急モニター個室に入院、慢性期総合内科への異動を経験し、救命の現場に戻ってきました。この大切な日々をもう私から手放したりはしない…!

瀉血/OD(卒業)/リスカアムカレグカ(卒業)/ときどき摂食風味
信頼する主治医さんの専門は薬物依存(主に違法薬物)と司法精神医療。一時ダニエル(女医)が主治医でした→転院しました。現在の主治医はハルちゃん♪
<< 選ぶ言葉は main 成人式のたびに私はそう思うのだろうか >>
それは過去の私だから

主治医さんの前では泣きもしたし笑いもしたし暴れもしたしシャケもODもリスカもした。転職もしたし夜勤が出来なくなったり復帰したり、異動もあった。最後は救外に。

彼は全部の私を知ってる

だから彼は私を入院させたがらないし、保護室にしか入れない。それは過去のあの1度のことを覚えているから。

 

ハルちゃんは何も知らない。

だから何度となく入院を勧めるし、保護室には入れない。暴れる私が想像できないとも言う。

きっとODする私も想像は出来ないんじゃない?リスクを予想しているだけで。今回のこのリスカだってきっとどこか現実味がないだろう。

 

この違いは?

今が状態が良くなったからだからだろうか。

でも、どちらにしてもハルちゃんが私のすべてを知っているとは思えない。主治医さんには見せたあんな側面こんな側面も、ハルちゃんは穏やかな(創った?)私しか知らないとしか思えない。

 

主治医さんは過去の状態の悪い私のイメージが拭えなくて私にとっては嬉しくないこともたくさんあった、だから転院した。ハルちゃんは今の私の状態を見て判断してくれているのだろう、だってね、ダメになる前に入院させてほしいという私の希望を彼女は叶えてくれる。保護室は嫌だっていう私の希望を何の迷いもためらいもなく叶えてくれる。

 

でもね、主治医さんはリストカットもナートしてくれた、抜糸もしてくれた。傷の深さもなにも知っているだろう。でもハルちゃんは縫うどころか傷さえも見に来てくれなかった。

甘えで切ってるんじゃないかって思っていたし、ハルちゃんにナートしてもらいたいなんて微塵も思っていなかったから良いのだけれど。でもね。

きっと主治医さんよりハルちゃんの方が私を知っている、わかっていると思う時は私には来ないだろう。

 

主治医さんと別れた時、病気を寛解に持っていくことを決めた。その後、主治医さんのもとで寛解状態を維持してもらうと決めていた。別れるつもりなんてなかったし、いまでもないだろう。

主治医さんはいつまでも私の主治医さんだ。それできっと間違いはないのだろう。

 

ハルちゃんもね、信頼しているけどね。

誰も持っていってくれなかった寛解にまで持っていってくれると信じているよ◎

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

19:16 日常 comments(0)
スポンサーサイト
19:16 - -
comment

message :