大学病院で救命科看護師をしていましたが退職し精神科病院に初入院。その後、転職し働いていましたが閉鎖病棟(精神科救急)保護室&スーパー救急モニター個室に入院、慢性期総合内科への異動を経験し、救命の現場に戻ってきました。この大切な日々をもう私から手放したりはしない…!

瀉血/OD/リスカアムカレグカ/ときどき摂食風味
信頼する主治医さんの専門は薬物依存(主に違法薬物)と司法精神医療。一時ダニエル(女医)が主治医でした→転院しました。現在の主治医はハルちゃん♪
<< 寒さだって新鮮になる main 初めての慢性期 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
おちゃらけの君が真剣になるとき

今回入院は保護室でしたので私の大好きな書き物が出来ませんでした。

まぁ保護室にいたら毎日書き溜めるほどの出来事もないので、看護師さん2人と副主任さんについて書いていきたいと思います◎

最初は1番お世話になった彼からいきましょう☆

 

初めての慢性期病棟で、私をよく受け持ってくれた精神科ナースマンがいました。彼は就職してからずっと精神科(当該病院)なんだって!そしてどうやら聞くところによるとハルちゃんと同い年らしい笑

さて、ここでは全員愛称がついているので彼にも付けましょう。シンゴくん(仮)です。

 

シンゴくんは私の中でおちゃらけ担当キャラ。

といってもちゃんと1時間ごとにしっかり巡視に来てくれて、覗くだけじゃなくてお話をしてくれる立派なナースマンです。主治医さんの病院では保護室に“ぶち込まれて”いたけれど、そんな感じではなかった。お汁粉を持ってきてくれたときから私は完全に心を開きました←

くだらない話もたくさんしたよ。失礼なことたくさん言ってごめんね。でもシンゴくんはいっつもおちゃらけていて、そんなシンゴくんが好きでした。シンゴくんにはちょっと甘えんぼでちょっとかまってちゃんと言われたけど、その通り♡笑

 

私がERに戻りたい理由を考えたいと言った時、保護室に紙と鉛筆を持ってきてくれて、本当に嬉しかったの。

金曜日の準夜では私の不機嫌さで出勤とともに当たられたけど受け止めてくれて、そういうのも受け止めるのが精神科看護師だよって誇りを持っていたね。すごいなぁって思っていたよ◎

精神科ナースマンとして副主任さんと同じくらいすごいなって思っていた。ハルちゃんに色々伝えてくれたりしていたんでしょう??ふふ、副主任さんとも仲いいらしいよ( *´艸`) 私が副主任さんを信頼していて大好きなことも知っていたね♡

 

副主任さんのところに入院した2回はともに退職なんてチラついていなくて、病室も保護室でもなくて、穏やかに穏やかに娑婆の柵から外れて生きていた。でも、退職がチラついたこの入院。ともすれば絶望とともに保護室で自殺を図ることだって(まぁ自殺なんて出来ないのが保護室なんだろうけど)あったかもしれない。思いつめて鬱々としていたかもしれない。そんな中でシンゴくんとお話して気が晴れたりしていたの。

 

そんなシンゴくんが唯一?真剣になったときが1度だけあります。外泊を夜に控えた日曜日。

どんな結果になっても帰って来いよって。月曜日準夜で話は聞くからって。

帰ってきてほしいの?って言った時、きっとシンゴくんは別にィ?とかなんとか言うんだとばかり思っていた。でも、シンゴくんは今までおちゃらけ担当キャラだったのが嘘のように真剣だった。指切りまでして。

それもね、すぐに小指を離すのではなくて、しばらくの間、しっかりと指切りをしてくれた。心配している人をこれ以上心配させるの?って言われて私はなんて答えたんだろう…

身投げするかもよ、ODしてくるかもよ、瀉血してくるかもよ、切ってくるかもよ?そんなことを何度言ってもシンゴくんはずっとずっと真剣でした。だから泣きそうだった。ダメだったら死にたいけど、でも死んだら彼はどう思うだろうって。ODしてでも(死なずに)帰ってこようと思ったはこの時です。

保護室の巡視は1時間ごとで良いはずなのに、頻回に来てくれて最後は16時、16時30分、16時45分と来てくれて、気にしてくれているんだなぁって思った。

 

面談の前、ドキドキして居ても経ってもいられなかった私が考えたのは誰のことだと思う?

きっとシンゴくんに聞いたら副主任さんだろって言うだろうけど、私はシンゴくんのことを思い出していました。

あの真剣な目で私をただ見て言ってくれた言葉。指切りをしてくれたあの力強さ・心強さを感じたくて自分の両手で指切りをしていたんだよ。

 

結局、ERに戻ることになって退院になったので、その後しっかり話すことはなかったけど、準夜で来たシンゴくんに簡単に報告できたのは良かったかな◎

そして最後に写真を撮ってもらったの。カメラ目線じゃないことは気付いていたけれど、写真撮り終わって気が付いたのは、彼が見ていたのは私でした。最後まで、私を見ていてくれたんだなぁって、嬉しかった。

入院中は本当に本当にありがとう。

 

また会いに行きたいけれど、迷惑かなぁ。

この思いよ彼に届けっ!!笑

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

21:02 入院生活 comments(0)
スポンサーサイト
21:02 - -
comment

message :