大学病院で救命科看護師をしていましたが退職し精神科病院に初入院。その後、転職し働いていましたが閉鎖病棟(精神科救急)保護室&スーパー救急モニター個室に入院、慢性期総合内科への異動を経験し、救命の現場に戻ってきました。この大切な日々をもう私から手放したりはしない…!

瀉血/OD/リスカアムカレグカ/ときどき摂食風味
信頼する主治医さんの専門は薬物依存(主に違法薬物)と司法精神医療。一時ダニエル(女医)が主治医でした→転院しました。現在の主治医はハルちゃん♪
<< 人との繋がりは心の支え main 好きだよ信頼しているよ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
死にたい理由

何か理由があって死にたいとき、私は安心もするのです。その時は、その理由が大きくて死ぬしかないと思うのです。でもね、その時はたいてい私が悪くて(という認識で)、死ねば解決するとも思うからです。

落ち着いて考えると、その何らかの理由に対処出来たら死ぬ理由もなくなるのです。

 

例えば、仕事がクビになるかもしれない…とそんな時です。

この前の慢性期病棟に入院時はそれで死にたくて、でも死んだらその苦しみから解放されると本当に信じていたのです。そしてね、クビになるのは緊急入院をした私が悪いから。ほら、死ぬしかなくて解決法として死はとても魅力的に感じませんか?

そしてクビにならないとわかったら…死ぬ理由がなくなって、今に至ります。死ぬ勇気が持てない私にとって人生はその連続です。

その連続に嫌気がさして死にたくなることもあるのですけれど。どうせ今上手く行っていてもきっとまた死にたくなるだろう…とね笑

 

でもね、そうじゃないのが2回あります。今がその2回目。

死にたい理由なんてないんです。何も理由がないのに死にたいのです。

原因があればそれを解決したら生き易くなるはず。それは経験則でわかっています。だから死ぬ勇気がない私はその解決に向けて努力をします。でもね、死にたい理由がないということは、何かをしたところで死にたくなくなるってことすらなくて改善の余地がないということ。

良くなるための努力さえできない私。良くなる未来なんてみえないのだから、それならもう死んでしまいたい。

 

前回はこの状況からどう抜けたのか、忘れてしまいました。

 

3月になればERに新しい人が来るから私はERに必要でなくなります。

もしかしたらもう異動が決まっているかもしれませんね…

2月までは生きます。私のこと、心配してくれるERの先輩たちがいるから…でも、3月以降も生きている自信が今の私にはもうありません。副主任さんにもハルちゃんにももしかしたらもう会わないかもしれないね。

 

このブログ、4月1日まで更新がなかったら死んだと思ってください。そしてね、ハルちゃんと副主任さんに私が死んだこと、伝えてほしいのです。そして、主治医さんにも伝えてほしいと彼らに伝えてほしいな。

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

21:42 日常 comments(0)
スポンサーサイト
21:42 - -
comment

message :