大学病院で救命科看護師をしていましたが退職し精神科病院に初入院。その後、転職し働いていましたが閉鎖病棟(精神科救急)保護室&スーパー救急モニター個室に入院、慢性期総合内科への異動を経験し、救命の現場に戻ってきました。この大切な日々をもう私から手放したりはしない…!

瀉血/OD/リスカアムカレグカ/ときどき摂食風味
信頼する主治医さんの専門は薬物依存(主に違法薬物)と司法精神医療。一時ダニエル(女医)が主治医でした→転院しました。現在の主治医はハルちゃん♪
<< 戦力として main ここで電話をしてはいけないことはわかっている >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
救外の看護師として

救外の看護師として、なーんてこと考えたことは今までなかったかもしれません。自覚が足りなかったのかな?グスン

患者さんから学ぶ…そんな1日でした。心構えとして、ER看護師として少しだけ成長できたのではないかと思います。

 

発端はある患者さんについて病棟看護師から厳しい言葉でご指摘を受けたから。

バルンが入っていない!入院書類の説明は完璧にしてこいよ!お前使えねぇな。と

『お前使えねぇな』ですよ?こんな希死念慮バリバリな(といっても今はかなり落ち着いてきている)私に言ったらまじで死にたくなってしまいます←

 

私たち(救外)には病棟とは違う私たち(救外)の看護がある。状況を受け入れられない家族に患者の傍にいてもらうこと(接近のニーズ)、この状況で入院書類の説明をしても頭に入ってこない、まだまだ急変リスクの高い状態の患者から離れてもらってまで指示のない処置(バルン)をする必要があるのか…

私はERでの家族看護としてあの選択をした。入院書類の説明はあえて簡素にした。病棟でも再度説明されると知っていたから余計。めんどくさかったからじゃない。

 

病棟は病棟でのアセスメントで処置(バルン)が必要で入院書類の説明が必要だと思った。だったらその処置も詳細な書類説明も病棟の看護ではないのか

 

ERの看護師としての看護と、病棟の看護師としての看護が違うのは当たり前。だからこそ、それを救外に求めるのは違う。

命を救うことももちろんだけど。家族も含めて看護をしたい、わたしは。

 

なーんて、私は死にたいばかりなのだけれど(矛盾)

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

21:57 現職 comments(0)
スポンサーサイト
21:57 - -
comment

message :