大学病院で救命科看護師をしていましたが退職し精神科病院に初入院。その後、転職し働いていましたが閉鎖病棟(精神科救急)保護室&スーパー救急モニター個室に入院、慢性期総合内科への異動を経験し、救命の現場に戻ってきました。この大切な日々をもう私から手放したりはしない…!

瀉血/OD/リスカアムカレグカ/ときどき摂食風味
信頼する主治医さんの専門は薬物依存(主に違法薬物)と司法精神医療。一時ダニエル(女医)が主治医でした→転院しました。現在の主治医はハルちゃん♪
<< こう思うことを恐れていたのに main 他人の悩み >>
受診に来たわけではなくて

ハルちゃんの診察は研修医上がりの3年目の先生が代診をしていました。

ねぇハルちゃん、貴女はそれで良しとするの?受け持ち患者の数が多いとはいえ、それでいいの?

休診になったこと、患者に連絡もしないで、指定医も専門医も持っていない医師にdo処方だけさせてそれでいいの??

 

ってまぁそんなのは私には関係ないわけで。私は今日の受診は無くなりましたので、副主任さんのもとに病棟へ♡

それがハルちゃんの決めた枠組みから逸脱していることは知っていたけど、枠組み通りに行うのはもう限界を超えていました。

 

副主任さんは今日も会ってくれました。そして、(今日は受診していないから)記録は書かないで。とお願いもして。

今日も1時間近くお話を聞いてくださって、もう転院にほぼほぼ傾きかかっていたけど引き戻されました(笑)

っていうか、ハルちゃんより会っているね。笑

 

そして、ハルちゃんにはやっぱり副主任さんのことはノーコメントを貫かなくてはと思うのです。

いやー、私隠し事苦手なのよねwでもね。もうね。笑笑

 

副主任さんは本当に私のことを考えてくれて、支えてくれて、嬉しいなぁと思うのです。

この思いだけでしばらく生きていける気がするのです。

次回会う日も決めたけれど、その日にハルちゃん受診をするのもなんとなく嫌なのですw

どーしましょ←

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

16:29 副主任さん comments(0)
スポンサーサイト
16:29 - -
comment

message :