大学病院で救命科看護師をしていましたが退職し精神科病院に初入院。その後、転職し働いていましたが閉鎖病棟(精神科救急)保護室&スーパー救急モニター個室に入院、慢性期総合内科への異動を経験し、救命の現場に戻ってきました。この大切な日々をもう私から手放したりはしない…!

瀉血/OD/リスカアムカレグカ/ときどき摂食風味
信頼する主治医さんの専門は薬物依存(主に違法薬物)と司法精神医療。一時ダニエル(女医)が主治医でした→転院しました。現在の主治医はハルちゃん♪
<< 警察沙汰 main 主治医さんに会いたくて >>
いつか死んでみせるよ

私は確かにハルちゃんにわかってほしいって思っているのだと思う。

主治医さんのように、というのが無理なことはわかっていても。

 

でもさ、内服も出してくれなくて、わかってくれなくて。そんな受診に意味はあるのでしょうか。

意味がないのであれば通院を止めたいし、それなら主治医さんのところに通院したい。(主治医さんを積極的に採るわけじゃなくてね)

そう考えるのは自然なことではないでしょうか。

 

スタンダードを大切にする医者とそこからの逸脱を大事にする看護。

自分が看護師だからこそ求めすぎているものがあって、でもそれは医師には相容れない物であって。

 

だから、ハルちゃんとは上辺だけで上手く遣えというのはわかるのです、でも、その受診に意味があるのかと考えると、意味はないし、そのために時間とお金をかけて通院する意味があるのかと考えると超スーパードライな私にはその答えはNo.なのです。せめて内服出してくれるなら上手く遣うためだけに通院するってのもわかるけど。

ハルちゃんからの通達(診察の後にだけ病棟に上がってもいい)をもう守る気なんてサラサラないし、上辺だけとしても受診を続けることは私には出来ない気がしています。

 

主治医さん主治医にして、入院だけ東5に行きたい…それが私の希望なのかもしれません。

ってまぁもう入院するつもりなんてないのですけれど。

 

東3の師長さんに、調子いいねって言われたら肯定するのはダメ、と言われたのでそこだけは次回はちゃんと伝える。でも、死にたいと思わなくなるのが通院のゴールの私。それを言ったら親同伴というならやはり私は死にたいと思うとは言わないし、それなら通院の必要はない。だってもうゴールだもの。笑

 

『仕事は行ってる。それを以てして調子が良いのだとしたら調子はいい、でもそれでも調子は悪いと思ってしまう。

だけど私は死なない、おかげさまで瀉血もかなり減った。ありがとう』

そういって喧嘩しないで診察室を出てきたい。全部全部事実だよ。希死念慮には触れていないもの。

そしたら東3階に行って師長さんに会って、玲奈ちゃんに会って。

 

次回受診は最低でも1ヶ月後にしかしないつもりです。

だって、本当に本当に通院する意味なんてないんだもの。初診に戻る3ヶ月でも良いくらいです。笑

 

 

死にたいけど仕事が大好きでそんな大好きな仕事が出来ている今、自殺する勇気はないのです。

だから、抱えきれないくらいの絶望を集めて死ぬ決心がついたらいいなって思っているのです。

今は死なない。だからハルちゃんに伝える言葉は嘘ではありません。

 

私が死んだら伝えてほしいのは、副主任さんや玲奈ちゃん(東5階)と主治医さんで変わりないのです。

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

16:30 自傷 comments(0)
スポンサーサイト
16:30 - -
comment

message :