大学病院で救命科看護師をしていましたが退職し精神科病院に初入院。その後、転職し働いていましたが閉鎖病棟(精神科救急)保護室&スーパー救急モニター個室に入院、慢性期総合内科への異動を経験し、救命の現場に戻ってきました。この大切な日々をもう私から手放したりはしない…!

瀉血/OD/リスカアムカレグカ/ときどき摂食風味
信頼する主治医さんの専門は薬物依存(主に違法薬物)と司法精神医療。一時ダニエル(女医)が主治医でした→転院しました。現在の主治医はハルちゃん♪
<< 良い報告と悪い報告は同時に来る main 1年ぶり3回目 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
お別れの日

ハルちゃんとお別れしてきました。

診察室に入るなり、最近はどうですか?って聞かれて、この人頭湧いてんちゃうかな?と思ったけど、21日の市民病院のお話とか出来たから、比較的話せた方なのかな。今更。笑

私が転院を心に決めていたから話せたのかもね。

 

何かあれば警察に躊躇わずに通報する、電話は5分以内、入院は医療保護で保護室のみで予定入院はさせない、副主任さんとは会うの禁止…

なーんて言われました。

いや、むり。ハルさまにはついていけません…

 

昨日までは別れたらスッキリするかなって思っていたけど、そんなことはありませんでした。

ハルちゃん、良い先生だよ。私が上手く話せていたら、私がもう少し状態が落ち着いていたら…そしたらきっと私にとっても良い先生だったんだと思います。

うん、何が言いたいかというとね。ハルさまと別れてむしろザワついています。

主治医さんの元に戻ることが良いことなのか。

 

しばらくは確かに主治医さんで良いと思えるはず。でもいつかきっとそうでない日が来るでしょう。それをわかっていたから今までハルさまに色々思っていても転院はしなかったのです。ハルさまを信じて、ついて行っていたのです。そのつもりだったけど、ハルさまから見たらただの操作性の塊ちゃんだったのが悲しいね。

無い物ねだりかもしれないけど、ハルさまともっと良い関係を築いてハルさま主治医でもう一度治療がしたいとそう思うのです。

 

人の感情ってわからないね。

昨日までと同じ要素しかないのに、なのに昨日は別れられるからと清々しくて、いざ別れたとなったら淋しくなるのです。

紹介状ね。事務的なものかと思ったら、そうではありませんでした。書き途中のものをチラ見したけど、師長さんが理解があって…とかも書いてくれていたし、何より私が泣きそうになったのは『入院中、他患とのトラブルはありませんでした』って書いてくれたの。事実なんだよ、私も気を付けていたからね。でも、私が前医に戻るとわかって、彼女が書いてくれたこの一文…ハルさまは私のことをわかっていてくれたし、最後にあんな形で別れを告げた私に彼女は転院先で私が少しでも楽になれるよう配慮した一文を入れてくれたのです。それが…ね。嬉しくて堪らないのです。ハルさま主治医で見て欲しいと思うのです。

 

でも、ハルさまはもう私を診てはくれません。

3ヶ月後、戻りたいと思うけど、彼女は私を取ってはくれないでしょう。忙しい先生だから…仕方ないよね。でもね、でもね…

だったらそんなことなら転院をやめてしまおうか。本気でそう考えてしまうほど。

でも、今の私はシャバで頑張れるほど保てません。次の4連休、入院するしかないと思います。

だけど、ハルさまはそこで入院はさせてくれないのです。だから、今回一旦戻るのは仕方ない。目先のことだけど、今を生きるためにはハルさまの元にはいられない。

だからとりあえず戻る。そう言い聞かせないとハルさまとの別れが辛くて堪らないのです。

最後に転院を決断したのは私なのに。

 

ハルさまから紹介状を書くと何度も言われていても、でもハルさまは最近どうですか?と聞いてくれたのです。

院内での主治医変更をするでもなく、私と向き合ってくれたのに…

不安定な心だからか、転院さえも不安定です。

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

20:54 ハルちゃん comments(0)
スポンサーサイト
20:54 - -
comment

message :