大学病院で救命科看護師をしていましたが退職し精神科病院に初入院。その後、転職し働いていましたが閉鎖病棟(精神科救急)保護室&スーパー救急モニター個室に入院、慢性期総合内科への異動を経験し、救命の現場に戻ってきました。この大切な日々をもう私から手放したりはしない…!

瀉血/OD/リスカアムカレグカ/ときどき摂食風味
信頼する主治医さんの専門は薬物依存(主に違法薬物)と司法精神医療。一時ダニエル(女医)が主治医でした→転院しました。現在の主治医はハルちゃん♪
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
貴女が私をどうみていたか少しわかった気がするの

普段、医師とは記録をみたり直接話したりして治療の方針や考えを聞き理解しています。

でも患者となると、そういうことがないからとにかく私はわからない!!!と思うのです。ですが、本日、前回受診の際に頼んでおいた診断書をいただきまして、その書き方でなんとなくダニエルの考えていることがわかりました。本当に看護師として解釈しているのかな。

 

主治医さんは主たる精神障害に1つ疾患をぽんっと書いて終わっていましてね。身体合併症の欄に貧血とも書かれていないのです。結局ね、病気じゃ無くしていてくれたの。でもダニエルは違って、主たる精神障害も従たる精神障害も身体合併症も書かれました。

さて、うつ状態の再燃ですw医大退職時以来のうつ状態の再燃ですww

なーんて。笑っていられているから全然良いのですけれど。

 

家族状況・協力体制の項目では、家族関係は良好とはいえない…

私も自分が看護師としてこの事例に遭遇したら同じようにアセスメントすると思います。でもね、私は当事者として言うと、良好だと思うのです。良好になるように頑張っているのです…。なんかね、いろいろ考えるよ。ダニエルの言うこと、間違ってるなんて思ったことないもの。

 

そして、摂食と睡眠にも波があると書かれました。

睡眠は睡眠障害と言われています。自傷は気分の波で起こると書かれています。さて、では摂食の波がもたらすものは…摂食障害ですねw

もしかしたらダニエルは摂食障害の診断も本当はつけているのかもしれませんね。ただ、私が診断することを良しとしないから、受け入れられないから診断していないと、そういうことなのでしょうか。

元気になるどころか、どんどん診断名が増えていく気がします。

嫌だよ、だから私は診断してほしくなかったんだ。主治医さんのところにいたときは1つも診断名がなかったのに、ダニエルのところではすでに3つあって、そして+摂食障害…

精神科医療の枠組みの中で私は下へ下へとどんどん溺れていくのです。

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

21:28 ダニエル comments(0)
違うの、そうじゃないのよ

ダニエルはとっても良い先生です。優秀だし、患者さんのことをしっかりと考えているし、巻き込まれないでちゃんと医師としてやれることをやっている。私はそれを知っています。

それをわかった上で、私は合わないと判断したの。私とダニエルは合わない。でも、合う人はほかにたくさんいるだろうし、その人たちにとってダニエルは本当に良い先生だと思うの。

だからね、彼女を悪く言わないで。

 

主治医さんはもう優しくないかもしれない。最後のあの私たちのすれ違いを考えると、戻るより、医師として標準治療をしっかりとしてくれているダニエルの元にいたほうがいいんじゃないかと揺れています。

 

こんな時はね、迷いなさい〜考えなさい〜と。お悩みなはれ、と。

そうです、副主任さんのお言葉が頭に浮かぶようになりました。

思考吸入はあまり気持ちのいいものではありませんが、今回ばかりは歓迎しています◎

 

最近は抜かずにすんでいるのよ。それもなぜだか謎だけど←

受け持ちが出来るHb11なんて求めてもいない。ただ、抜きたいと思わない。抜いちゃダメと思って抜かないでいられているわけじゃないから抜きたいと思ってしまったらその時にどう気を紛らわせるのか、そこは謎のままです←

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

21:50 ダニエル comments(0)
同じ毎週受診でも

毎週通院していて、主治医さんに対して申し訳ないなぁと思っていた時があるのです。隔週の予約に、予約外での通院が続いていた時です。

そんなある時、主治医さんは私の気持ちを図ったように『辛い時にちゃんと来てくれるから』って言ってくれたことがあるのです。とても救われました。

 

ダニエルは、先週に引き続きの今日。そして次回受診は来週です。私の希望でね、毎週受診になっています。

そんな来ても変わらないよって言われて。1週間後に予約入れてもらったけどモヤモヤ。次回も、混んでいるよ。と。

忙しいのにごめん、私なんか診たくないよね。いいよもう、転院するよ、戻るよ。

 

主治医さんは私が欲しい言葉をくれていた。それが医療として良いかどうかは別として、次回受診まで頑張ろうと思えてた。そして、そうやって生きてきた。瀉血は止められなくて、病状としては良くなっていなかったのかもしれないけど。

ダニエルは標準治療なんだろうけど、辛くて生きていこうと思えないの。次回受診も、こころの支えにはならなくなったの。

 

ダニエルの言うことは間違っていない。

精神科は貧血を見られないし、点滴希望の連絡は二度とするなも理解できるし必要なら内科受診しろも理解できるし。それを親に伝えたい(精神科でやれることを理解してもらいたい)のもわかるし。

でも、いつもダニエルは私を見ないのね。何かあったときに親御さんはもっと見ていてくれていたと思ったとか、もっとちゃんと見ていてよと思うかもしれないでしょう?と。ダニエルは私という患者を診ているけれど、それは私と、というより私の遺族に対しての病院としての防衛としか私には捉えられないのです。主治医さんの時は、そんなこと思うことはなかったよ。保護室入る時、ちゃんと親に話してから来いってのは言ってきたけれど。

 

次回受診は、母に何と話したのかを伝えることとなっています。

・デイや地域活動支援センターは医療プログラムとしてあること、自傷の防止や予防・早期発見のためのプログラムではないこと。

・精神科として“瀉血”は診れるけれど“貧血”は診られないこと、今後も貧血治療はしないから必要であれば事故で内科へというスタンスで変わらない

上記説明し、納得いただきました。

 

とか言うのかしら。笑

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

19:23 ダニエル comments(0)
低いと思える

新年最初の受診でした。

そんな今日、入院中最後のlaboデータを見たいと言って、経時で結果をいただきました。

Hbはね、7.0でした。思ったより低いなって素直に思ったのです。7が高いとか低いとかじゃなく、ENT時はもっとあるような気がしていたのです。

でも、当時は5コンマでさえ高くて。高い、高い、ムリ!!!!!!!としか思えていなかった私。

Hbの上昇幅だのなんだのを考えられるようになって、ちゃんとHb7.0を低いと認識できたこと。これは成長かなぁ。

 

でもね、なにか落ち着かない今です。

この数値がどうこうじゃなくて、近いうちに瀉血をする気がします。

 

ふおん、ふおん。

 

地域活動支援センターとデイも見学に行ったけどね、どうしようね。

迷っちゃうのよ…

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

20:52 ダニエル comments(0)
言葉が軽いの

ダニエルとは相変わらず話せない私です。

ENT後残薬を数えて教えてと言われてちゃんと宿題を熟してきた私たけど、それを言うことはできず。

その中で一部捨てたお薬がありまして。それに対して彼女は『そうやって努力してくれたのは評価するけど』と

 

そのあとに言葉が続くからでしょうか、言葉が軽いっ!!全然評価してない、ってか本当に評価しているか??と言いたくなります。

主治医さんは、辛いときに受診に来ることも、瀉血をしなかったらしなかったことも評価してくれました。

それはいいことだよ、とかすごいじゃん、とか。私は何度か調子に乗ってもっと褒めて( *´艸`)と言って、いや本当にすごいと思っているよ、なーんて言葉ももらっていたのです←

 

主治医さんもダニエルと同じように伝えていたかもしれないけど、褒めてくれる時には褒めるだけで逆接でそのあとに言葉を続けなかったからか、私はしっかり評価していただけていると感じられていたのです。

 

↓1日1回ポチっとお願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ

17:29 ダニエル comments(0)
<< 2/4PAGES >>